肌の土台作りでニキビはできなくなる

ニキビが顔にできると多くの女性はテンションがさがる原因の一つです。そんなニキビですがどうしてできてしまうかご存じでしょうか。
多くのかたが間違った認識をしているのですが、できてしまったニキビに薬を塗ることが一番大事かと思っていますがそれは二番目に大事なことなのです。

 

一番大事なことは、ニキビのできにくい肌にもっていくということです。
ニキビができる原因はさまざまですが思春期をすぎてできてしまうニキビの大きな原因の一つに「皮脂のよごれ」があります。
よく鼻などに、黒いツブツブのようなものができますがそれがわかりやすい皮脂あぶらが原因のものです。皮脂のあぶらをしっかり落としきれてい
ないと毛穴に汚れがたまってしまいツブツブとしたものになってしまうのです。

 

しかし、実は鼻だけでなく肌は多くの毛穴がしきつめられたようなものでできています。もちろん、その肌からは皮脂がでます。その汚れを落としきれなかったりした場合に、毛穴がつまってしまい炎症がおきてしまいます。この炎症がニキビなのです。

 

原因がわかったところで、ではどうしたらいいと思いますか。答えは簡単です。「洗顔」を重要ポイントとするのです。

 

いくらいい化粧水をつけたところで、土台がしっかりしていなければ意味がありません。その土台をつくるポイントは洗顔なのです。
騙されたと思って、洗顔を重視してください。まず、帰ってきたら必ず化粧を落とす事。この落とす際もオイルで乳化させておとすのです。間違っても、コットンのようなものでごしごししてはいけません。そして、きめ細かい泡で肌を優しく洗顔することです。肌をごしごしと傷つけないようにしてください。これだけです。
しかし、これが土台作りにもっとも大事なことなのです。